節税

【決算時に困らない】給与の未払計上で正しく節税しよう!

こんにちは、マクシブ総合会計事務所です。

 

【事業再構築補助金の申請】要件、金額、申請方法を徹底解説!こんにちは、マクシブ総合会計事務所です。 http://maxiv.blog/?p=1994 今回は経済産業...

毎月発生する従業員給与の支払い。
帳簿を作成するにあたっての、正しい計上方法はご存知でしょうか。

「支払時に費用計上するんじゃないの?」という方もいらっしゃると思いますが、実は発生時に計上することで節税にも関係してきます。

今回は月や決算をまたぐ場合の、「給与の未払計上」についてご紹介いたします。

未払計上するメリットと、正しい計上方法

従業員へ給与を支払う際、多くの会社は「毎月末日締め、翌月20日払い」などの形で、当月発生した賃金を翌月に支払っているとか思います。
そうした場合、皆さんはどのように仕訳を行っているでしょうか。

給与の計上方法としては、以下のふたつの方法があります。

①毎月末日に同日までの給与を費用計上する
②支払日に給与の費用計上する

本来の正しい処理は、①となります。
なぜなら、従業員から労働の提供を受けた分については、すでに給与の支払義務が発生しているためです。
適正な損益計算を行うという観点からも、当期に発生した費用を当期に計上する点で望ましいと言えます。

「でも実際にお金が動いていないのに、どのように費用計上すればいいの?」という疑問が出てきますよね。ここで用いるのが経過勘定と言われる「未払費用」です。

未払費用を用いることで、決算後の翌期に支払う給与であっても当期の決算で費用計上することができます。結果、費用を早く計上することになり、当期の税金を減らすことができるのです。

給与の未払計上方法

では具体的な仕訳をご説明します。
先ほどの例と同じ「毎月末日締め、翌月20日払い」のケースで考えてみましょう。

■毎月末日締め、翌月20日払いの場合(費用計上時)

まず、当月末日に当月分の給与を費用計上します。相手勘定科目は、未払費用です。以下を参考にしてみてください。


給与は通常、社会保険料や所得税を控除して支払います。
控除した社会保険料や所得税は「預り金」として計上します。
上記の仕訳を行うと、当月に給与が費用計上され、未払費用は翌月に繰り越されます。

■毎月末日締め、翌月20日払いの場合(給与支払時)

次に実際に給与を支払った日の仕訳です。
前月から未払費用が繰り越されているので、支払日にはこの未払費用を消し込みます。


給与支払日に上記の仕訳を行うことによって、「未払費用」は消し込まれ、費用計上の期ズレも起きません。

給与を正しく計上して、節税しよう!

いかがでしたでしょうか。
毎月の記帳に一つ仕訳が増えてしまいますが、未払計上により適正な期間損益を計算し、また、決算時には税金を減らすことができるメリットがあります。

経過勘定を用いる仕訳は複雑でわからない…と思われがちですが、実際にやってみると簡単な仕組みなので、ぜひ活用して節税に役立ててみてください!

弊社は会計事務所として、経理代行サービスを導入しております。
毎月の記帳業務が煩わしい、よく分からない…そのようなお悩みは「経理代行サービス」の導入で解消してしまいましょう!

経理業務においてお悩みのお客様は、初回の無料面談をご予約いただければと思います!

📞03-6450-1117
経理外注・記帳代行センターHP
マクシブ総合会計事

 

ABOUT ME
マクシブ総合会計事務所
都内の会計事務所~マクシブ総合会計事務所~が運営するブログです。 中小企業向けの経理や税務のお助け情報や、豆知識をご紹介しています。 是非ご参考になさってください!